top
feed

沿革

沿革

1915年初代荒川金之介によって荒川染工場として現在の地に創業。
1969年2代目荒川忠夫により株式会社京都紋付を設立。
1978年黒染業界において画期的な濃色染めを考案‘純黒’として発表。
1981年大ヒット商品である「深泥黒」を完成。
1989年昭和天皇大嘗際における装束「小忌染」製作の御下命を賜り、再現製作する。
1991年着物縫製業(中国)並びに着物加工業を始める。
1996年4代目として現社長荒川徹が就任
1998年新社屋完成(延べ床面積 1,325.07m2
2001年黒染め(洋装)の研究開発を開始。約半年後、洋装業界では他に例を見ない
深い色合いの黒染めを開発。
「深黒」と命名、『御黒染司』の商標を登録。
2004年エコテックス取得
2009年KUROZOMEデニム発売